最新記事

2018年02月16日

【動画】人生と仕事から学んだ12の真実

みなさん、こんにちは。

先日開催しました「士業交流フェスタ」で
「人生と仕事から学んだ12の真実」というお話をしました。

こちらの講演動画ができましたので
ぜひ、ご覧ください。(約20分)

※本講演は2018/1/19(金)の士業フェスタ開催時に収録されたものです

その他の記事

今年のキーワードを振り返ってみます

2011年12月28日

【残席わずか!!】2012年新春感謝祭 お席の確保はお早めに

皆さん、こんにちは。
今年最後のメールなので、
今日は、今年のキーワードを振り返ってみます。

以下に、13のトレンドを挙げました。

1.紹介会社の実態(参入と撤退)

昨年から今年にかけて紹介会社が急増し、最高で63社を数えました。
ところが、夏過ぎには、新規参入組が姿を消し、
税理士さんとの間でもトラブルが発生しました。
それでも、多くの税理士さんは紹介会社を頼るようになりました。

2.紹介手法の変化

顧問先からの紹介のみに頼って顧問先拡大を図ってきた事務所の多くが、
顧問先を減らすという、ショッキングな年でした。
紹介だけじゃなく、広告、営業をやらなければ
お客様は増えないという時代の幕開けとなりました。

「会計事務所売りたい人いませんか~」なんて窓の外から聞こえませんか!?

2011年12月21日

【2日目は満員御礼!】2012年新春感謝祭 お席の確保はお早めに

皆さん、こんにちは。
今日は、会計事務所のM&Aについてお話しします。

『会計事務所の売りたし、買いたし』コーナーが、
ニュースのコラムの中に混じってありました。
それもコピー機やパソコンの広告に混じって。

15年くらい前、WSCPA(ワシントン州CPA協会)を訪問し、
協会の会報を見たときのことです。

その話、日本に戻ってすぐに講演でお話ししましたが、
皆さん、「アメリカだからじゃない...」と一様に口をそろえました。

この話、約1年前にこのマーケティングレポートに載せました。
それから1年、今年はいろんなタイプのM&Aをお手伝いしました。

1億円前後のM&Aは、意外とすんなり決まります。
なぜなら、売る方の事務所もそれなりにしっかりしているからです。

ところが、4000万円以内の案件の場合はちょっと苦労します。

このような事務所はたいてい、
「以前は6000万円の売上があった!!」とか
「いやいや、最高で8000万円、職員も今の倍近くいたね!!」

なんて、自慢げにお話しされるのはいいんですが、
要は、沈みゆく船とは言わないまでも、
下降線はどこまで続くかという読みが買い手にあって、
なかなか骨の折れる交渉を重ねることになります。

したがって、M&Aは結婚と同じで、
婚期を逃すと、なかなか相手が見つからず苦労するらしいので、
やはり登り基調を維持しながら、
つまり、最低でも現状維持をしないと、売るのに苦労します。

BOOKS著書