最新記事

2017年09月19日

あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

。あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

みなさん、こんにちは。 アックスコンサルティングの広瀬元義です。

米国CPAのゲイリー・ブーマーさんをご存知ですか??

アメリカのCPAに最も大きな影響を与えた100人に、
毎年選ばれているような人です。

その彼を日本に呼びました。(第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017)
CPAでなおかつ、ブーマーコンサルティングの創始者でもあります。

会計事務所向けのコンサルティングをやってる人です。
そんな関係で、私は数年前彼と親しくなりました。

彼の最も得意とするのは、戦略プランの策定です。
戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。
戦略プランなしに、事務所経営をするということは海図も持たずに航海することと同じです。

数字を作ることが、戦略プランではありません。
もちろん数字も大切です。
(日本では、一般的に戦略プランを経営計画と言います)

その他の記事

今年も豪華講師陣で開催決定!「2012 新春感謝祭 顧客拡大実践交流会

2011年11月23日

弊社アックスコンサルティングでは、
2012年1月17日(火)・18日(水)の2日間で
「2012 新春感謝祭 顧客拡大実践交流会
~勝ち組会計事務所の所長の決断~」
を開催いたします!

顧問料の決め方は「社長の給与」から...!?

2011年11月23日

【本日スタート】2011DVD年末大感謝キャンペーン
【申込受付開始】2012新春感謝祭 顧客拡大実践交流会

皆さん、こんにちは。
今日は、「顧問料の決め方は」についてお話します。

「顧問料を決めるときに、どうやって決めますか?」

この質問に、
「料金表をもとに、仕事内容や会社規模を確認しながら、
 顧問料を決めます!!」
と答える方は非常に少なく、大体が目見当で決めているようです。

料金表をしっかり作っている人には、若い先生方が多く、
事務所を長くやってる先生のほとんどは、
「価格表なんかじゃ、決められないよ!!」って、語気を強めます。

「だいたい、会計事務所ってところは、
 経理見たからいくら、仕訳をいくつ入力したからいくら、
 なんて単純なものじゃないんだよ!!
 それじゃあ、そこらの経理入力代行屋さんと同じじゃない!!」
とますます元気な声で、おっしゃいます。

「じゃあ、具体的にどうやって決めるんですか?」

「まあ、相手の社長さんと話しながら、
 ビジョンとか、売上とか、社員数とか、儲かってるかどうかとか、
 いくらでやってほしいのかって希望とか...」

"とか"がいくつか並んでいるうちに、
少々、口ごもり気味になります。

「で、元帳見て、前の先生の顧問料を盗み見るなんてことは...?」
と私が言うと、

「ま、それはやるけどね。あくまで、参考だよ、参考!!」

・・・・・・・・ 私は、しばし沈黙。

「で、俺は、特別な方法を持ってんだよ!!」

BOOKS著書