その他の記事

大前研一は、1999年に「税理士の生存確率は、3分の1だ」と言った。

2012年08月09日

▼早期割引が明日で終了いたします▼
「新・会計事務所実践マーケティング集中講座」


皆さん、こんにちは。
今日は、「マーケティングの原理原則」をお話しします。

大前研一氏は、13年前、私のインタビューに応え、
「税理士の生存確率は、3分の1だ」と言いました。

私は驚いて、
「3分の2がいなくなるのか?」と聞くと、
そうではなく、3分の2は付加価値の低い仕事をやり続けると言いました。

そして、
「とりあえず資格があるから食べていけるだろうけど、
コンピューターなどの技術が進んだ時代には、仕事がなくなるだろうね」
と予言しました。

費用対効果を計算する税理士ほど、顧客獲得ができない!!

2012年08月03日

▼会計事務所の2012夏期講座 お申込み大好評受付中▼
契約力アップ】【報酬アップ】【問い合わせ増加


皆さん、こんにちは。
今日は「費用対効果を計算する税理士ほど、顧客獲得ができない!!」
というマーケティングのお話をします。

アメリカのマーケティング協会の会合でよく聞くことですが、
多くのマーケッターは、口をそろえて次のようにいいます。

BOOKS著書