最新記事

2017年09月19日

あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

。あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

みなさん、こんにちは。 アックスコンサルティングの広瀬元義です。

米国CPAのゲイリー・ブーマーさんをご存知ですか??

アメリカのCPAに最も大きな影響を与えた100人に、
毎年選ばれているような人です。

その彼を日本に呼びました。(第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017)
CPAでなおかつ、ブーマーコンサルティングの創始者でもあります。

会計事務所向けのコンサルティングをやってる人です。
そんな関係で、私は数年前彼と親しくなりました。

彼の最も得意とするのは、戦略プランの策定です。
戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。
戦略プランなしに、事務所経営をするということは海図も持たずに航海することと同じです。

数字を作ることが、戦略プランではありません。
もちろん数字も大切です。
(日本では、一般的に戦略プランを経営計画と言います)

その他の記事

低顧問料時代の「会計事務所マーケティング」8つの疑問を解決します!

2012年07月11日

満足度98.5%!全国の税理士200人が納得した
「新・会計事務所マーケティング集中講座」体験セミナーを
8月に開催いたします!

5,000件超の紹介実績でわかった低顧問料時代の
「会計事務所マーケティング」8つの疑問を解決します。

1.会社を設立して間もない社長さんを安心させるトークとは?
2.どんな会計ソフトをすすめるとよいか?
3.税理士の乗り換えが多い業種は?
4.「低顧問料」と「地元の税理士」
 問い合わせで多い要望はどっち?
5.税理士を決めた理由、断られた理由
6.問い合わせから面談のアポイントは何日後がよいか?
7.経営者は訪問と来所とどちらを希望するか?
8.現在、税理士がいるのに乗り換える理由とは?

ぜひお越しください。

8/2(木)名古屋、8/6(月)東京、8/9(木)大阪、
すべて16:00~18:00です。

》》詳細・お申込みはこちらから

「あと20円ください!!」が言えるかどうかで、会計事務所の売上が変わる

2012年07月04日

【セミナー】資産税ビジネスで収益アップしたい所長先生必見!


皆さん、こんにちは。
今日は、いかにして利益を出すかという話をしたいと思います。

会計事務所は、売上至上主義ですか?
それとも、利益至上主義?

これまでの会計事務所の競争環境では、
売上至上主義でもよかったかもしれませんが、
これからは「一人あたりの利益をいくらにするのか」ということが、
大事になってきます。

なぜかというと、これまでのような労働集約型に頼るだけでなく、
普通の会社のように、

「広告宣伝費を計上し」
「仕入れ原価を抑え」
「一人あたりの生産性を上げ」

利益率を良くしようと、自然に考えるようになると思います。

皆さんは、いかがですか?
「顧問先を増やそう」
「売上を伸ばそう」
というところに目がいくだけで、
経営を数字でとらえるということを本当にやっていますか?

「紺屋の白袴」にならないように、気をつけなければなりません。

よく言われることですが、
自分の会社(会計事務所)を投資先だと思ってみてください。
売上よりも、利益ですよね。

さて、本題ですが、

BOOKS著書