最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

会計事務所のWebマーケティング5つの誤解

2012年07月25日

1.Webからの顧客は"質が悪い"。料金の話ばかりする
2.HPの内容なんてどこの事務所も一緒だから何でもいい
3.うちは紹介でやっているから大丈夫
4.どこのWeb業者で対策してもたいして変わらない
5.地元のお客さんしかほしくないから
  "不特定多数"が見るWebは必要ない


これは「会計事務所のWebマーケティング5つの誤解」です。

なぜなら・・・

職員さんの営業嫌いが治るお話

2012年07月20日

▼会計事務所の2012夏期講座 お申込み大好評受付中▼
契約力アップ】【報酬アップ】【問い合わせ増加


皆さん、こんにちは。

昨日は、夏期講座『営業実践手法公開講座』を東京で開催しました。

セミナーのなかで、「勝者の8つの戦略」というお話をしました。


勝者の8つの戦略

1.税務申告代理人ではなく、「お客様の真の経営パートナーになる」こと

2.お客様に恋をしなければならない。
  そして、生涯にわたってのアドバイザーになること

3.お客様を未来へ連れて行き「こうなるんですよ」と教えてあげなければならない

4.「共感」を得て「信頼」を獲得するためには、
  お客様が思っていること、まだ気づいていないことまでをも本当に理解して、
  抱えている問題や、思い描いている将来像を言葉にできなければならない

5.全ての職員が、お客様の問題解決に必要な専門性と戦略的思考を備えた
  唯一のコンサルタントであることを、言葉にして伝えなければならない

6.全ては、一人ひとりの職員が、
  自分たちの事務所サービスは良いと信じることから始まる

7.見込み客が契約まで至らなかった場合の原因を知る。
  障害となっていることをすべて取り除くこと。
  見込み客から機会を奪ってはならない

8.あなたと顧問契約をしない場合のデメリットを示す


参加者の方は、
「お客様を増やしたい」「売上をあげたい」という、
意欲的な方ばかりでした。

水泳を習わないで海に入ったら、溺れてしまいますよね。

営業もそれと同じで、
手順を学び、練習するものなんです。
手順がわからないから、恐れてしまうんですね。


一般的に、資格を持っている方や、高学歴の方は
"営業"を嫌う傾向があります。

"営業"は物売りだ。
ベラベラしゃべって、ペコペコ頭を下げる。
だから営業なんてやりたくない。

そう勘違いしているからです。
あるいは、間違った手法でやっている場合もあります。


営業とは、そういったものではありません。

BOOKS著書