最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

おやじダイエット恐るべし......(・・;)

2012年11月07日

皆さん、こんにちは。
東京はなんだか急に冬になりました。
皆さんのところはいかがですか?

今日は、おやじダイエットの話をします。

ダイエット
英会話
ジョギング

新年に「今年こそは!!」と誓って、続かなかったものを
挙げてみました。
だいたいこれ、多くの人に共通する悩みじゃないかって、
思うんですけど、いかがですか?

で、ダイエットについてですが、
3週間前、スイスに行った話はしましたよね。

昼食の時でした。
私の席の隣の男性Aさん。

突然、
お皿の上に盛られた料理の仕分けを始めました。

「これいらない。これとこれも......」

「安売り酒屋」と「安売り会計事務所」の共通点と未来

2012年11月01日

皆さん、こんにちは。

一昨日、株式会社カクヤスの佐藤社長のお話を聞き、
内容を皆さんにお伝えしたいと思ったので
2日続けてメルマガをお送りします。

14年前、スーパーやコンビニエンスストアの参入で
危機に直面した酒販店が、起死回生のサービスに挑戦し、
今や売上高は1000億円を超え、店舗数は都内に約120店舗。
その驚きの小売店が、カクヤスです。

もともと、酒屋さんというと、
サザエさんに出てくる「三河屋さん」のような、
御用聞きビジネスですよね。
認可商売として法律の傘に守られて商売していました。

ところが、規制緩和によってどうなったかというと、
客の奪い合い。
それまで競争したことのなかった業界ですから、
やれることは、価格を下げることだけ。

その結果、売掛金は増え、
バブル崩壊も手伝って客も減る。
まさに三重苦の中で、酒屋さんはあえいでいたんですね。

きっとそのころです。
私も幹線道路沿いの安売り酒屋を探して、
缶ビールをケース買いしていました。

そんな状況の中、カクヤスも活路を見出そうと、
もがくわけですね。

BOOKS著書