最新記事

2017年10月06日

11月8日(水)の予定は決まりましたか??

アックスの広瀬です。
11月8日(水)にお会いしたくメールしました。

アメリカのCPAの『経営計画の手法』は、ご存知ですか??
「え、経営計画ってアメリカから??」

と思われる方も多いかと思いますが、

「ミッション(役割)」 ・会社の果たすべき役割
「ビジョン(展望)」  ・将来どのような企業になるのか
「ヴァリュー(価値観)」・一緒に集う人たちの共通の考え方
「ゴール(目標)」   ・単年度、三年後、五年後の数字計画
「ストラテジィ(戦略)」・目標を達成するための、戦略・戦術

これみんな外来ものなんですね。
もともとは軍隊などの、用語だったという話も多く聞きます。
日本では、高度成長期のころにこうした経営計画の手法というのが
多く取り入れられるようになって、今日の形式になりました。

その他の記事

記帳代行でぶっちぎれ!!

2016年01月26日

みなさん、こんにちは。
先週は、弊社主催の新春感謝祭に、
多くの税理士さんにお越しいただきありがとうございました。

そのとき、今年のテーマで、
記帳代行の話をしたので、
今日は、記帳代行についてお話します。

「記帳代行は、ぜんぜんやっていません」
「うちは、全部自計化だから...」

って、自慢げにおっしゃる先生もいますが、

「記帳代行は安定収入なので、
 ぜひ、行ってください」
と私は、お勧めしています。

まあ、何かと手間がかかりますが、
手間がかかるものほど、儲けの種があるというものです。

「FinTech(フィンテック)革命がもたらす会計業界への影響」

2016年01月18日

みなさん、こんにちは広瀬元義です。
今日は、最近急速に注目を浴びてきた、
FinTech(フィンテック)革命の話を簡単にします。

FinTech革命は、
金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で
今、大きな盛り上がりを見せているし、
金融機関は、戦々恐々とこの流れをとらえています。

FinTech革命とは、
金融全般の仕事や勢力図がクラウドの技術によって、
大きく変わるということなのです。

それは金融機関だけでなく、
中小企業への影響も少なくはありません。

これからの会計事務所は、
「税務」だけではビジネスを伸ばしていくことはできません。

先日のエコノミスト、2016年1月12日特大号を読まれました??

『これじゃ食えない! 会計士・税理士・弁護士』

要は、税務だけでは食えなくなるのは、
目に見えている、ということですが、
FinTechに触れていなかったのは、
とても残念です。

で、まず銀行の主な仕事は何かということをおさらいしますと、
「預金」「融資」そして「決済」です。

BOOKS著書