最新記事

2017年09月19日

あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

。あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

みなさん、こんにちは。 アックスコンサルティングの広瀬元義です。

米国CPAのゲイリー・ブーマーさんをご存知ですか??

アメリカのCPAに最も大きな影響を与えた100人に、
毎年選ばれているような人です。

その彼を日本に呼びました。(第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017)
CPAでなおかつ、ブーマーコンサルティングの創始者でもあります。

会計事務所向けのコンサルティングをやってる人です。
そんな関係で、私は数年前彼と親しくなりました。

彼の最も得意とするのは、戦略プランの策定です。
戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。
戦略プランなしに、事務所経営をするということは海図も持たずに航海することと同じです。

数字を作ることが、戦略プランではありません。
もちろん数字も大切です。
(日本では、一般的に戦略プランを経営計画と言います)

その他の記事

手続き屋さんにならないで!!

2013年02月22日

皆さん、こんにちは。
今日は確定申告での会計事務所のスタンスについてお話します。


毎年のこととはいえ、一番の繁忙期。
きっと私のメルマガなんて、読んでくれないかもしれないので...

こんな時こそ、とっておきのネタを披露します。

200名以上の成功会計事務所が参加したツアー

2013年02月16日

皆さん、こんにちは。
今日は、過去200名以上の会計事務所が参加した、
米国CPAツアーについて、お知らせします。
日時は、7月14日(日)~20日(土)です。
今すぐ、手帳を確かめてください。


皆さんは、アメリカの会計事務所を訪問したことはありますか?

アックスでは、1995年頃から7年間、米国CPAツアーを行い、
多くの方にご参加いただきました。

名前を個別に挙げませんが、
北は北海道から南は九州まで、
今では100名規模に成長した
成功会計事務所のほとんどが参加しました。

10年以上前。
まだ、広告規制の緩和も税理士法人もなかった時代です。

当時の日本の会計事務所の多くは、
所長のみが資格者で、後は、全員無資格者。

30名の事務所でも、
税理士資格のあるのは所長だけというのは、珍しいことではありませんでした。

一方、当時の米国のCPA事務所は、
30名の事務所であれば、10名以上の資格者を抱えていました。


会計事務所のM&Aも、
当時のアメリカでは普通に行われていました。

「日本人には、お客さんを売るなんてことは、向いていないな...」

誰とはなく言った言葉に、
みんながうなずきました。

でも、今はどうでしょうか?

BOOKS著書