その他の記事

Y世代が新しい会計業界をつくる。 ~米国CPAマーケティング協会サミット 参加報告(2)~

2013年06月21日

皆さんこんにちは。
AAMサミット報告の二回目は、
ベビーブーマー世代の後を牽引する人々についてお話しします。

この話は、AAMサミットの基調講演で
お話しいただいた、AICPA会長のRichard.J.Caturano氏と
CEOのBarry Melancon氏の話を元にしています。

アメリカの会計士の年齢も高くなりました。
アメリカでもトップクラスの会計事務所が集まったある会場では
50代、60代がほとんどを占めていたというのも
うなづけます。

これからどんな時代になるのかというと、
Y世代の人や女性の活躍が非常に目立つようになってくるとのこと。

日本では、
1947年から1951年生まれを「団塊の世代」と言いましたが、
アメリカでは、
1945年から1959年生まれを「ベビーブーマー」と言い、
1960年から1974年生まれを「X世代」と言います。

そして、1975年以降に生まれた世代を「Y世代」と呼びます。
この「Y世代」は、「X世代」とは明らかに違った行動を取ります。

「X世代」は、戦後を牽引した戦後世代の後に
追い付けとばかりに、真似をしたり、その延長線上を見習い、追いかけてきました。

つまり、「X世代」は戦後世代の模倣であり
サポート役でしかなかったと思います。

あなたの事務所は、スモールサイズ!? ~米国CPAマーケティング協会サミット 参加報告(1)~

2013年06月13日

皆さんこんにちは。
AAMサミットに参加しました。
本日は、その一回目の報告を行います。

今回のAAMサミットのテーマは、

"Win Your Race - Inspire Innovation. Realize Results."

「競争に勝つ ~イノベーションを引き起こし、成果を実現する」
でした。

ちなみにAAMは、25年も続く米国会計事務所マーケティング協会のことです。
私はAAMの会員になっており、10年前からこのAAMサミットに参加しています。

今年は、米国公認会計士協会(AICPA)のカンファレンスも同時開催のため
1,400人のCPAやマーケッターの参加と、例年の倍以上の人数になりました。
マーケッターは女性が多いので、女性に囲まれるというのが例年ですが
今年は、CPAの参加者も多く、米国もCPAの高齢化を感じます。


アメリカでは、何人くらいの事務所を
小規模(スモールサイズ)と位置付けていると思いますか?

日本では、少し前までは

・5人以内が小規模
・10名強が中規模
・20名を超えると「大きい事務所ですね」

という言い方だったかと思います。

BOOKS著書