最新記事

2017年09月19日

あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

。あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

みなさん、こんにちは。 アックスコンサルティングの広瀬元義です。

米国CPAのゲイリー・ブーマーさんをご存知ですか??

アメリカのCPAに最も大きな影響を与えた100人に、
毎年選ばれているような人です。

その彼を日本に呼びました。(第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017)
CPAでなおかつ、ブーマーコンサルティングの創始者でもあります。

会計事務所向けのコンサルティングをやってる人です。
そんな関係で、私は数年前彼と親しくなりました。

彼の最も得意とするのは、戦略プランの策定です。
戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。
戦略プランなしに、事務所経営をするということは海図も持たずに航海することと同じです。

数字を作ることが、戦略プランではありません。
もちろん数字も大切です。
(日本では、一般的に戦略プランを経営計画と言います)

その他の記事

宝くじに当たっても、自己破産する人

2013年04月19日

皆さん、こんにちは。
今日は、会計事務所ビジネスの成長についてお話しします。

ビジネスとは、皆さんが経済的に豊かになるためのツールだと思います。

昔は、金持ちの子供しか金持ちになれませんでした。
今は、いい時代です。

で、金持ちは二種類。

親の財産を引き継いだ人。
自分で、ビジネスを始めた人。

基本はこの二種類かと思います。

そこで、「ビジネスとは何か!?」

を、改めて考えてみたいと思います。

50円で仕入れたものを
100円で売れれば50円の儲けですが、
隣に80円で売る人が現れれば、
お客さんはそちらに行ってしまいます。

儲けなしでもいいからと言って、
55円で売る人が現れれば、
またお客さんは、そちらに行く可能性もあります。

お客様に"選ばれる"税理士になる秘訣、公開します。

2013年04月12日

みなさん、こんにちは。
今日は、4月24日の水曜日に開催する、
「お客様から選ばれる税理士になる秘訣」セミナーについてお話しします。

その前に、今週のエコノミストを読みましたか?


※画像は「毎日jp」より転載

「食えない、税理士・会計士」なんて、
ちょっと「むっ」とするようなタイトルの特集が組まれていましたが、
内容は皆さんには耳に馴染のあるものが多かったかと思います。

こういう内容がエコノミストに載ったってこと自体、
税理士業界の実情が一般に知られてきたのかな...という、印象です。

さて、「営業が得意だ!!」という税理士さんは、ほとんどいないかと思います。

営業が必要ない時代から、
今は、営業力が事務所の命運を分ける時代へと変化してきました。

以前は、ほとんどが顧問先や銀行からの紹介で、
契約が前提での面談だったから、営業力は必要なかったんですね。

営業が苦手だという人のほとんどが、営業とは商品やサービスを売ること、
あるいは勧めることだと思っています。

例えば、「経営計画」を例にとってお話しします。

「社長、経営計画をやった方がいいですよ。
うちでは、○○システムを導入して、
顧問先企業のビジネスの成功をサポートしているんですよ」

このトークだと、経営計画をやろうと思っている社長にとっては、
「是非、内容を聞かせてください」ということになるのでしょうが、
経営計画をやろうとはまだ思っていない社長からは、
「今はまだ必要がないと思います」なんて、やんわりと断られると思います。

では、社長の興味のあることから、考えてみましょう。

BOOKS著書