最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

お客様に"選ばれる"税理士になる秘訣、公開します。

2013年04月12日

みなさん、こんにちは。
今日は、4月24日の水曜日に開催する、
「お客様から選ばれる税理士になる秘訣」セミナーについてお話しします。

その前に、今週のエコノミストを読みましたか?


※画像は「毎日jp」より転載

「食えない、税理士・会計士」なんて、
ちょっと「むっ」とするようなタイトルの特集が組まれていましたが、
内容は皆さんには耳に馴染のあるものが多かったかと思います。

こういう内容がエコノミストに載ったってこと自体、
税理士業界の実情が一般に知られてきたのかな...という、印象です。

さて、「営業が得意だ!!」という税理士さんは、ほとんどいないかと思います。

営業が必要ない時代から、
今は、営業力が事務所の命運を分ける時代へと変化してきました。

以前は、ほとんどが顧問先や銀行からの紹介で、
契約が前提での面談だったから、営業力は必要なかったんですね。

営業が苦手だという人のほとんどが、営業とは商品やサービスを売ること、
あるいは勧めることだと思っています。

例えば、「経営計画」を例にとってお話しします。

「社長、経営計画をやった方がいいですよ。
うちでは、○○システムを導入して、
顧問先企業のビジネスの成功をサポートしているんですよ」

このトークだと、経営計画をやろうと思っている社長にとっては、
「是非、内容を聞かせてください」ということになるのでしょうが、
経営計画をやろうとはまだ思っていない社長からは、
「今はまだ必要がないと思います」なんて、やんわりと断られると思います。

では、社長の興味のあることから、考えてみましょう。

創業まもない会社と乗り換えの会社の場合の対応の違い

2013年04月05日
皆さんこんにちは。
今日は、弊社の顧問先紹介サービスの紹介件数が
3月末日で7352件になったので、そこで分かったことを少しお話しします。
 
税理士を探している社長で、
会社を設立したばかりの社長と「乗り換え」の社長では、
ニーズの違いがはっきりしていますが、
そのあたりは、しっかり頭に入れていますか?
税理士の皆さんは、営業が苦手だと言うんですが、
営業を勘違いしている場合が多いんですね。
営業は、
「何かを押し付けたり、売り付けたり、強く迫ったりすることだ」
なんて思い込んでいる人は、営業というだけで尻込みしてしまいます。
でも、営業って違うんですよね。
 
そう、「売ることではなく、与えること」なんです。
それも最初に与えるのが、営業の鉄則です。

BOOKS著書