最新記事

2017年09月19日

あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

。あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

みなさん、こんにちは。 アックスコンサルティングの広瀬元義です。

米国CPAのゲイリー・ブーマーさんをご存知ですか??

アメリカのCPAに最も大きな影響を与えた100人に、
毎年選ばれているような人です。

その彼を日本に呼びました。(第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017)
CPAでなおかつ、ブーマーコンサルティングの創始者でもあります。

会計事務所向けのコンサルティングをやってる人です。
そんな関係で、私は数年前彼と親しくなりました。

彼の最も得意とするのは、戦略プランの策定です。
戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。
戦略プランなしに、事務所経営をするということは海図も持たずに航海することと同じです。

数字を作ることが、戦略プランではありません。
もちろん数字も大切です。
(日本では、一般的に戦略プランを経営計画と言います)

その他の記事

プライドの高い税理士の勘違い!?

2013年05月16日

皆さん、こんにちは。
今日は、プライドについてお話ししたいと思います。

プライドの高い人の欠点は、人の話を聞かないし、
自分の問題点を変えようとしないことです。

で、本人いわく、
「自分にプライドを持つことは、悪いことじゃないし、
まったくプライドを持たないようでは、良くないと思うよ」。

ごもっとも、よく聞くお話です。

でもこのプライドってやつが邪魔をして、
お客様に愛想をつかされたり、
顧問契約を解除されたりするケースがよくあります。

「プライドを持つな」とは私も言いませんが、
プライドを持つ部分を勘違いしていると思います。

だって、プライドで飯は食えません。
プライドが邪魔をして、新しい行動に踏み出せない人が多くいます。

税理士さんが持つべきプライドって何なんですかね.....。

「雑談」のうまい税理士と下手な税理士

2013年05月10日

皆さん、こんにちは。
今日は、「雑談」についてお話をします。

ゴールデンウィークは、どんなふうに過ごしましたか?

いつものゴールデンウィークなら午前中にゴルフやテニスをして、
午後は本を読むなんてのが、私の過ごし方ですが、
今年は仕事ばかりしていました。

本と言えば、今回の村上春樹の作品

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

この本、読みたくて買ったんですが......
まだ、私の家の書斎の机に置いています。

最初のページをめくったときに、読みたいと思い買いました。

ところで、少し、思い出話になりますが、
村上春樹の作品は、
『ノルウェイの森』も
『1Q84』も
買っただけで読んでいません。

なぜ読んでいないのかの話をします。

BOOKS著書