最新記事

2018年01月10日

30周年事業「士業交流フェスタ」に、ぜひお越しください。

明けましておめでとうございます。
アックスコンサルティングの広瀬です。

冬休み終わったら、三連休。
こんな感じでしたが、やはり仕事していました??

私は、久しぶりに江副浩正さんのインタヴュービデオや本を改めて読んで過ごしました。
戦後の素晴らしい経営者はたくさんいますが、私は、リクルートを創業した江副さんは断トツの一位だと尊敬しています。
もちろん、リクルートの収賄事件のことを差し引いてもです。
(参考本『カモメが飛んだ日』『リクルートという奇跡』)

で、会社って何かということを改めて考えてみました。

その他の記事

税理士だったら、最低5冊は本を出しなさい。それが究極の差別化である。

2013年09月26日

みなさん、こんにちは。
今日は、本を出す、つまり、出版についてお話します。

数年前、アメリカのFPの大会でお会いしたコンサルタントが、
コンサルタントの世界共通の『三種の神器』として

1.出版
2.セミナー講師
3.情報配信

この三つを備えることが大切と話していましたが
まさに、意を得たりという気持ちでした。

税理士の仕事には、形がありません。
手に取ることも匂いを嗅ぐこともできません。

お客様は、どうやって税理士さんの良さを把握すればいいのでしようか?

会計事務所の新たな敵は誰だ!?

2013年09月20日

みなさん、こんにちは。
今日は、会計事務所のコンペティター、つまり新しい競争相手について
考えてみたいと思います。

ITやインターネットは、既存のビジネスに多くの衝撃をもたらしていきました。
それこそ過去の商売をぶっ壊し、自分たちのビジネスモデルを突きつけ
根こそぎ顧客を奪っていきます。

アマゾンは、既存の本屋から客を奪い
楽天は、小売店から客を奪い
iTunesは、レコード店から客を奪いました。

これが「破壊」と「創造」です。

BOOKS著書