最新記事

2017年10月06日

11月8日(水)の予定は決まりましたか??

アックスの広瀬です。
11月8日(水)にお会いしたくメールしました。

アメリカのCPAの『経営計画の手法』は、ご存知ですか??
「え、経営計画ってアメリカから??」

と思われる方も多いかと思いますが、

「ミッション(役割)」 ・会社の果たすべき役割
「ビジョン(展望)」  ・将来どのような企業になるのか
「ヴァリュー(価値観)」・一緒に集う人たちの共通の考え方
「ゴール(目標)」   ・単年度、三年後、五年後の数字計画
「ストラテジィ(戦略)」・目標を達成するための、戦略・戦術

これみんな外来ものなんですね。
もともとは軍隊などの、用語だったという話も多く聞きます。
日本では、高度成長期のころにこうした経営計画の手法というのが
多く取り入れられるようになって、今日の形式になりました。

その他の記事

税理士だったら、最低5冊は本を出しなさい。それが究極の差別化である。

2013年09月26日

みなさん、こんにちは。
今日は、本を出す、つまり、出版についてお話します。

数年前、アメリカのFPの大会でお会いしたコンサルタントが、
コンサルタントの世界共通の『三種の神器』として

1.出版
2.セミナー講師
3.情報配信

この三つを備えることが大切と話していましたが
まさに、意を得たりという気持ちでした。

税理士の仕事には、形がありません。
手に取ることも匂いを嗅ぐこともできません。

お客様は、どうやって税理士さんの良さを把握すればいいのでしようか?

会計事務所の新たな敵は誰だ!?

2013年09月20日

みなさん、こんにちは。
今日は、会計事務所のコンペティター、つまり新しい競争相手について
考えてみたいと思います。

ITやインターネットは、既存のビジネスに多くの衝撃をもたらしていきました。
それこそ過去の商売をぶっ壊し、自分たちのビジネスモデルを突きつけ
根こそぎ顧客を奪っていきます。

アマゾンは、既存の本屋から客を奪い
楽天は、小売店から客を奪い
iTunesは、レコード店から客を奪いました。

これが「破壊」と「創造」です。

BOOKS著書