最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

税理士だったら、最低5冊は本を出しなさい。それが究極の差別化である。

2013年09月26日

みなさん、こんにちは。
今日は、本を出す、つまり、出版についてお話します。

数年前、アメリカのFPの大会でお会いしたコンサルタントが、
コンサルタントの世界共通の『三種の神器』として

1.出版
2.セミナー講師
3.情報配信

この三つを備えることが大切と話していましたが
まさに、意を得たりという気持ちでした。

税理士の仕事には、形がありません。
手に取ることも匂いを嗅ぐこともできません。

お客様は、どうやって税理士さんの良さを把握すればいいのでしようか?

会計事務所の新たな敵は誰だ!?

2013年09月20日

みなさん、こんにちは。
今日は、会計事務所のコンペティター、つまり新しい競争相手について
考えてみたいと思います。

ITやインターネットは、既存のビジネスに多くの衝撃をもたらしていきました。
それこそ過去の商売をぶっ壊し、自分たちのビジネスモデルを突きつけ
根こそぎ顧客を奪っていきます。

アマゾンは、既存の本屋から客を奪い
楽天は、小売店から客を奪い
iTunesは、レコード店から客を奪いました。

これが「破壊」と「創造」です。

BOOKS著書