最新記事

2017年10月06日

11月8日(水)の予定は決まりましたか??

アックスの広瀬です。
11月8日(水)にお会いしたくメールしました。

アメリカのCPAの『経営計画の手法』は、ご存知ですか??
「え、経営計画ってアメリカから??」

と思われる方も多いかと思いますが、

「ミッション(役割)」 ・会社の果たすべき役割
「ビジョン(展望)」  ・将来どのような企業になるのか
「ヴァリュー(価値観)」・一緒に集う人たちの共通の考え方
「ゴール(目標)」   ・単年度、三年後、五年後の数字計画
「ストラテジィ(戦略)」・目標を達成するための、戦略・戦術

これみんな外来ものなんですね。
もともとは軍隊などの、用語だったという話も多く聞きます。
日本では、高度成長期のころにこうした経営計画の手法というのが
多く取り入れられるようになって、今日の形式になりました。

その他の記事

記帳代行は宝の山

2013年10月24日

みなさん、こんにちは。
今日は、"記帳代行"についてお話します。

税理士さんの勘違いは、
「ちゃんとしたお客さんがいい」って言いますが、
ちゃんとしたお客さんより、
「ちゃんとしていないお客さんの方が税理士を必要としている」
ということです。

「ちゃんとした」とは、
・経理がちゃんとできて
・経理担当者もいて
・ある程度税務もわかって
・経理資料もまとまっていて

こんな感じでしょうか...。

ドイツ人の凄さに共通すること。もう一度会計事務所ビジネスを考えて見ませんか?

2013年10月18日

みなさん、こんにちは。
今日は、ドイツの企業を訪問して感じたことを書きます。

ドイツに初めて来たのは、JDLの社員だったときで
優秀社員ということで、入社2年目に
世界最大の産業見本市であるハノーバー・メッセのコンピューターショーに
連れて行ってもらいました。 もうずいぶん昔の話です。

2度目は、TKCの飯塚社長(当時)に誘われて、
ダーテフ社(ドイツの計算センター)を訪問しました。
そのとき初めて、継続MASのプレゼンを見ました。
感謝しています。

3度目は、経済アナリストの藤原直哉氏の研修旅行に参加し、
壊れ残ったベルリンの壁を見たりしました。
いちばん印象的だったのが、ユダヤ人強制収容所のアウシュビッツの訪問でした。

いずれも、ドイツ人を理解するのに役立ちました。
いや、もしかしたら人間の本質なのかもしれません。

今回は、4回目のドイツ。
大前研一氏の向研会での企業訪問。

印象に残った、巨大企業2社。

BASF SEという世界最大の総合科学会社と、Robert Bosch GmbHという
世界最大の自動車部品メーカーを訪問して感じた共通項をお話しします。

BOOKS著書