最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

クラウド環境を制する会計事務所が次世代を握る!!

2013年12月06日

みなさんこんにちは。
今日は、2014年1月23日(木)に開催される、
新春感謝祭2014についてご案内します。

午前中は、ボーナスセッションとしての税制改正セミナー。
平川忠雄先生の講義です。
私共のためにいつも時間を空けていただいて、感謝の限りです。

消費税絡みのお話が聞けますし、
もらった資料を元に顧問先向けのセミナーを開催できますから
一石二鳥ですよね。

税制改正の知識はもちろん、
そのことによってお客様のニーズがどのように変わるかを
知ることが重要かと思います

午後イチは、ライフネット生命保険株式会社の
代表取締役会長兼CEO
出口治明氏のお話。

ご存知のように、
ライフネット生命は、営業マンを介さず、
全てネットで生命保険を販売しています。

従来の対面方式の生命保険販売では、
営業社員の人件費や店舗費など、
保険会社の運営に関係するコストが「手数料」として、
契約者が支払う保険料に上乗せされていました。

この手数料、かなり高額なのは皆さんもご存知ですよね...

「職員を縄で縛るか!? 縛らないか!?」、あなたならどうしますか?

2013年11月28日

みなさんこんにちは。
今日は、ルールについて考えてみます。

ある会社でのお話です。
その会社に入社すると、「簿記三級に受からなければならない」
というルールが創業当初からあり、
受からないと試用期間を延ばすという決まりでした。

その会社は、経理や会計、税務関連のソフト開発をしているため、
営業も総務も宣伝部もとにかく全員が受けて受かりましょう、
というルールでした。

「簿記は、私たちのビジネスのツールです」
というのが、その会社の社長の熱意でした。

大体の人が、三ヵ月から半年で、
簿記三級に受かるので、ルールを変更しました。

受からなくても、社員にします。

「ただし、絶対に受かるように、新人社員を動機付けてくださいね」
と社長は、幹部に言いました。

試用期間を延ばすということは、
社員は精神的にも不安定だし、給与も試用期間のままだから...
という親心からでした。

ところが、そのルールを変更してから一年。

BOOKS著書