最新記事

2017年09月19日

あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

。あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

みなさん、こんにちは。 アックスコンサルティングの広瀬元義です。

米国CPAのゲイリー・ブーマーさんをご存知ですか??

アメリカのCPAに最も大きな影響を与えた100人に、
毎年選ばれているような人です。

その彼を日本に呼びました。(第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017)
CPAでなおかつ、ブーマーコンサルティングの創始者でもあります。

会計事務所向けのコンサルティングをやってる人です。
そんな関係で、私は数年前彼と親しくなりました。

彼の最も得意とするのは、戦略プランの策定です。
戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。
戦略プランなしに、事務所経営をするということは海図も持たずに航海することと同じです。

数字を作ることが、戦略プランではありません。
もちろん数字も大切です。
(日本では、一般的に戦略プランを経営計画と言います)

その他の記事

顧問先の社長に"運転免許証"を見せてもらっていますか!?

2014年04月11日

みなさん、こんにちは。
今日は、初めて顧問契約をする場合の、
裏テクニックをお話しします。

最近思うことなんですが、
やはり、少しずつ顧問料が上がっていますよね。

競争したことのない業界で、
競争が始まった場合、
最初にやろうと考えることは値段を下げることです。

で、この値下げ合戦。
落ち着いたらまた値上がり傾向に戻ります。

仮に、値下げ合戦で半分に下がったとしたら、
元に戻らないまでも、
ピーク時の70%くらいまでは、
押し戻すことができると思います。

第一回税理士会議やりました!(^^)!

2014年04月04日

みなさん、こんにちは。
今日は、第一回税理士会議の模様をお話しします。

メインスピーカーの
元村康人先生のパワーに押されての、二時間でした。

なんせ、現れたときからダンサーの衣装。
残念ながら、ダンスの披露はありませんでしたが、
嫌みのない、素敵なおねえ(!?)姿でした!(^^)!

で、
一年で事務所の職員を7人にしたやり方を公開しましたが、
面白いと思ったのは、給与規定と自由度でした。

70%は職員に還元給与で払うというのは
日本で一番高い給与率ということになるかと思います。

一般的な会社にありがちな、“バイト禁止”項目。
元村先生の事務所では、「なんでもどうぞ」と言うことでした。

BOOKS著書