最新記事

2017年09月19日

あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

。あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

みなさん、こんにちは。 アックスコンサルティングの広瀬元義です。

米国CPAのゲイリー・ブーマーさんをご存知ですか??

アメリカのCPAに最も大きな影響を与えた100人に、
毎年選ばれているような人です。

その彼を日本に呼びました。(第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017)
CPAでなおかつ、ブーマーコンサルティングの創始者でもあります。

会計事務所向けのコンサルティングをやってる人です。
そんな関係で、私は数年前彼と親しくなりました。

彼の最も得意とするのは、戦略プランの策定です。
戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。
戦略プランなしに、事務所経営をするということは海図も持たずに航海することと同じです。

数字を作ることが、戦略プランではありません。
もちろん数字も大切です。
(日本では、一般的に戦略プランを経営計画と言います)

その他の記事

第二回 税理士会議のテーマ「記帳代行をやるか!? やらないか!?」決定!!

2014年05月01日

★News!!★5/5(月)16:15~FM-FUJI「PUMP UP RADIO」に
弊社代表の広瀬元義が出演します。

みなさん、こんにちは。
今日は、第二回税理士会議のお知らせをします。
テーマは、「記帳代行をやるか!? やらないか!?」です。

昔、多くの税理士さんが言っていました。

顧問料は、月額5万円は欲しいよね。
それに決算料は、3ヵ月分の15万円。
ま、5万円×15ヵ月=75万円。それじゃないと受けられないね。
もちろん、自計化していて、経理もしっかりしてるところがいいよね。
そこに、経営計画や決算対策などのアドバイスもして。
プラスいくらか請求できれば充分かな...。
やはり月次巡回訪問が基本だけどね。
「エッヘン」 ← ごめんなさい。これだけは余分でした(笑)

ついこの間まで、
こんな会話が税理士さんの間で、当たり前に交わされていました。

そのことによりどうなったと思いますか?

記帳代行でがっちり!!

2014年04月17日

みなさん、こんにちは。
今日は、「記帳代行でがっちり!!」というお話をします。

自計化??
業界人だけが知っている、不思議な単語ですね。

要するに、
顧問先に、会計専用ソフトなり専用機なりを入れさせて、
顧問先自体で、会計入力を行い、
会計事務所が月次訪問をして、内容の精査を行う。

「自計化=巡回訪問」

そんな図式が、30年近く前に出来上がって、
誰もがそれを疑わないで今日まで来ました。

はたして、自計化が本当に正しいのだろうか?
そんな疑問が、いつも頭にありました。

「100%自計化」
そんな言葉に、踊らされて一生懸命顧問先に、
専用機を売りつける。

売上が5,000万円にも満たない会社が、
約72%もあり、その経営者たちの望んでいることは、
本当に、「自計化」なのだろうか?
「月次訪問」なのだろうか?
数年前からこの疑問が頭から抜けません。

BOOKS著書