最新記事

2017年09月19日

あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

。あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

みなさん、こんにちは。 アックスコンサルティングの広瀬元義です。

米国CPAのゲイリー・ブーマーさんをご存知ですか??

アメリカのCPAに最も大きな影響を与えた100人に、
毎年選ばれているような人です。

その彼を日本に呼びました。(第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017)
CPAでなおかつ、ブーマーコンサルティングの創始者でもあります。

会計事務所向けのコンサルティングをやってる人です。
そんな関係で、私は数年前彼と親しくなりました。

彼の最も得意とするのは、戦略プランの策定です。
戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。
戦略プランなしに、事務所経営をするということは海図も持たずに航海することと同じです。

数字を作ることが、戦略プランではありません。
もちろん数字も大切です。
(日本では、一般的に戦略プランを経営計画と言います)

その他の記事

会計事務所にとって10億円は遠い売上ですか?

2014年07月29日

みなさん、こんにちは、広瀬です。
今日は大阪の税理士法人SBCパートナーズ
代表取締役、税理士の柴田昇先生のお話をします。

10年前、私が主催した経営塾。
売上10億円を目指そう、ということで
40人以上の方に、参加していただきました。

今では当時の5倍、10倍に事務所を成長させた方もいます。

「塾で学んだことは全て取り入れた」
と語る柴田先生。
当時のことと、今についてお伺いしました。

こちらにインタビュー動画がありますので
ぜひご覧ください。

もらった20件弱の顧問先で飯が食えたのが良かったのか、悪かったのか...

2014年07月23日

みなさん、こんにちは。
今日は、ある先生の独立開業の頃の話をします。

神奈川県の某市に住む、その先生。
仮に、山田先生とでもしておきましょうか。

独立開業の時に、
15年勤めた事務所の先生から、
「君も開業してすぐは大変だろうから...」
ということで、20件弱の顧問先を譲り受けたそうです。

まあ、それらの顧問先は、
山田先生が自ら開拓したところだったんで、
当然かなという気持ちで、引き継いだそうです

顧問料の総額は、950万円くらい。

自ら営業して、というより
顧問先の紹介で、なんとなく担当になった
というのが正しい回答。

BOOKS著書