最新記事

2017年09月19日

あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

。あなたは、米国CPAのゲイリー・ブーマーを知っているか??

みなさん、こんにちは。 アックスコンサルティングの広瀬元義です。

米国CPAのゲイリー・ブーマーさんをご存知ですか??

アメリカのCPAに最も大きな影響を与えた100人に、
毎年選ばれているような人です。

その彼を日本に呼びました。(第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017)
CPAでなおかつ、ブーマーコンサルティングの創始者でもあります。

会計事務所向けのコンサルティングをやってる人です。
そんな関係で、私は数年前彼と親しくなりました。

彼の最も得意とするのは、戦略プランの策定です。
戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。
戦略プランなしに、事務所経営をするということは海図も持たずに航海することと同じです。

数字を作ることが、戦略プランではありません。
もちろん数字も大切です。
(日本では、一般的に戦略プランを経営計画と言います)

その他の記事

もう、顧問料値下げ合戦にピリオドを打ちませんか!!

2014年10月31日

みなさん、こんにちは。
アックスコンサルティングの広瀬です。

『第三回 会計事務所のビジョナリーサミット2014』
のお申し込みは、済みましたか?

今回のテーマは、
「会計事務所のクラウド革命」。

アメリカからゲストスピーカーを呼んで、
収益性が高く、そして簡単なビジネスモデルなど
新しい時代の先取り情報を紹介します。

クラウド会計で会計事務所は大きく変わります。

もう顧問料値下げ合戦にピリオドを打ちませんか?

飯塚毅会計事務所の凄い話 (その3「驚異的なアイデアで顧問先を増やす方法」)

2014年10月28日

みなさん、こんにちは。
今日も、飯塚毅会計事務所の元職員だった
鷹宮和宏さんのお話をします。

鷹宮さんは現在、元村康人先生の会計事務所、青色申告会計で
職員として働いていますが、
社団法人青色申告研究会の理事長でもあります。

当時の飯塚毅会計事務所で、主査以上だった方の売上は
全員1,500万円から3,000万円を超えていたそうです。
みなさん方の事務所と比較してどうですか?

組織は、
所長-所長代理-部長-課長(決算課長、業務課長、巡回課長)
-主査(巡回担当)-助手-オペレータ

という15人程度の事務所でした。

そうした中での、巡回監査の目的は、

1.社長を一大グループにするための指導
2.顧客紹介を受けるための営業活動
3.顧問料を小切手や現金でもらうための徴収活動
4.安否確認
5.帳票チェック

だったそうです。

やはり基本になるのは、コミニュケーション能力かと思われます。

BOOKS著書