その他の記事

確定申告時期に些細なことで契約解除されたある事務所の例

2009年12月15日

確定申告期間が近づいてきましたね。
ほとんどの先生方にとって、1年間で最も多忙な時期だと思います。
来る日も来る日も、朝早くから夜遅くまでやり、
土日も返上して、ひたすら書類作成...。
あまりに忙しいので神経までピリピリしてしまう。

そんな繁忙期だからこそ、忘れてはいけないのが「顧客満足」。
それが欠けていたために、
些細なことで契約解除という結果になってしまった、
ある会計事務所の例をお話しします。

なぜ、経験ゼロ、実績なしの若手税理士が1年間で顧問先を26件獲得できたのか?!

2009年12月09日

皆さんは、見込み客をどうやって見つけていますか?
その見込み客を、どうやって契約につなげていますか?

開業した所長先生は、もはや一税理士ではありません。
税理士であると同時に、経営者なんです。
税理士としての専門スキルを磨き、
本来のサービスを顧問先に提供するだけでなく
経営者として"事務所の未来をつくる"、
つまり"新規顧問先を獲得する仕組みをつくる"という役割を
果たさなければならないのです。

所長先生は一人で二役も三役もこなさなければならず、
とても忙しいわけですから、
できることなら効果の高い方法に注力したいですよね。
それも、一つの活動で複数の効果が得られるとしたら...。

BOOKS著書