最新記事

2018年10月16日

「今アメリカの会計業界で起きていること」

アックスの広瀬です。

アメリカの会計業界で起きていること。
それは、定型的な手続き業務からコンサルティング業務に移行しているということです。
そこで最も注目を浴びているのが、HR(人材開発)の分野なのです。
これは5年以上前から言われてきたことなのですが、
ここにきて具体的な方法がいくつも示されるようになりました。

私たちアックスコンサルティングもこの分野を全面的に支援していきます。
すでに一年以上かけてこの分野の研究をしてきました。

みなさま方の事務所でも、ぜひ、HR(人材開発)の強化をするとともに、
お客様に向けてのサービスを始められるといいと思います。

その他の記事

【確定申告明けの新規獲得】成約率をアップさせるための秘訣

2010年02月17日

今回は、成約率をアップさせるための秘訣についてお話しします。
「せっかく問い合わせが来て、面談までしたのに、
結局顧問契約にはつながらなかった...」
こういった経験は、皆さんにも
多かれ少なかれあるんじゃないかと思います。

何がいけなかったんでしょうか?
契約につながらない原因というのは
サービス内容や価格を含めた"商品力"や、
"売り方"というのもありますが...

【確定申告お疲れ様です!】「私の給与はいくらにしたらいいですか?」と社長に聞かれたら...

2010年02月17日

皆さんこんにちは。広瀬元義です。
時々、中小企業の社長から
「私の給与はいくらにしたらいいですか?」と
素朴な疑問を投げかけられますが、
そんな時、皆さんだったらいくらと応えますか?

年収は1千万円? あるいは2千万円!?
月額の報酬は100万円? 150万円?
いやいやその程度ではなく300万円!?
まあ、いろいろな答えがあると思いますが、
その根拠は何と説明しますか?

以前何かの折に先生方に伺ったところ、
「法人税と所得税のバランスを見ながら」という答えもありましたが、
「取れるだけとれ」という太っ腹な先生もいました。

私の場合、次のように答えるようにしています。

BOOKS著書