最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

紹介をお願いするタイミング―「タイミング・イズ・マネー」

2010年01月13日

皆さん、こんにちは。広瀬元義です。
「タイム・イズ・マネー」は、「時は金なり」ということで、
時間を無駄に使うなという警告でしょうか...。
でも最近は、「タイムイズマネー」ではなく、
「タイミング・イズ・マネー」の方が
もっと重要なキーワードになりました。

ここで問題です。
努力の甲斐あって、新しくIT系企業の若手社長と
顧問契約を結ぶことになりました。
さて、この社長に
他の企業紹介をお願いするタイミングはいつが良いと思いますか?

事務所経営に失敗して閉業した所長先生が知らなかったこと

2010年01月06日

皆さんの今年の目標は何ですか?
当社のセミナーに参加される先生に、
「売上目標はありますか?」
「新規獲得件数の目標はありますか?」と
お聞きすることがありますが、「ない」と答える方がほとんど。
皆さんはどうですか?

定量的な目標がないと、何が達成できたのかがわからず、
ただ何となく過ごしてしまった、
あるいは、ただがむしゃらに頑張っていた、
ということになってしまいます。
事務所経営を見直すにも基準がないわけです。

もちろん、数値目標さえあればよいというわけではありません。
こうした定量的な目標は、
"会計事務所"という組織を経営していく上で
必要なものの、ほんの一部です。

BOOKS著書