最新記事

2017年02月27日

アックスの広瀬です。「プレミアムフライデーやりました??」

プレミアムフライデー

みなさん、こんにちは。
繁忙期に突入しましたよね。
今日は、「働き方」について、考えてみたいと思います。

で、確認したいのですが、
『プレミアムフライデー』をやった事務所ってあります??
この2月末の繁忙期に...。

やれたら、表彰モノですが、
世の中景気や収入に関係なく、
「張り子のゆとり」になってゆく気がして...
追いついていないのは、私だけなのでしょうか??

確かに、働き方は変えなくてはならないと思います。

その他の記事

【上原春男先生が本当にすごい訳】売上50億円以上の事務所を創った「成長の原理」とは?

2010年03月10日

私は「経営」というものを誰かに教わって
会社を始めたわけではありません。

皆さんもそうではないかと思います。
一体どれくらいの所長先生が、
「経営」について十分学んでから開業しているでしょうか?
いたとしても極めて稀だと思います。
親から引き継ぐ、あるいは何かきっかけがあって開業する。
そういう人がほとんどだと思います。

そうやってビジネスを始めると、段々と経営の悩みが出てきます。
私もそうでした。試算表は読めます。
でも試算表が読めることと、会計を経営に活かすということは別モノ。
会計のことをいくら理解しても、経営を理解したことにはならないんです。

「経営が分からない」と悩んでいた15年前、
私の経営者人生を根底から変えることになる
1冊の本、そして1人の人物と出会いました。

加速する関与先離れ...あなたの事務所は大丈夫ですか?

2010年03月03日

昨年は"関与先離れ"が加速した1年でした。
"関与先離れ"は、これからどんどん増えていくと思います。

先日当社で企業経営者向けのセミナーを開催しましたが、
アンケートの「顧問税理士は有益なアドバイスをくれますか?」という
質問に対して、「そもそも期待していない」と回答した方が
たくさんいました。
こういった社長は、いつ離れていくかわかりません。

しかも、社長というのは、
いろんな税理士からアプローチを受けているんですね。
あなたの関与先の方も、
いつどこでどんなアプローチを受けているかわかりません。

そういった状況において、
「先生(あなたのことです)しかいない!」と
確信させるには、何ができますか?

BOOKS著書