最新記事

2017年10月06日

11月8日(水)の予定は決まりましたか??

アックスの広瀬です。
11月8日(水)にお会いしたくメールしました。

アメリカのCPAの『経営計画の手法』は、ご存知ですか??
「え、経営計画ってアメリカから??」

と思われる方も多いかと思いますが、

「ミッション(役割)」 ・会社の果たすべき役割
「ビジョン(展望)」  ・将来どのような企業になるのか
「ヴァリュー(価値観)」・一緒に集う人たちの共通の考え方
「ゴール(目標)」   ・単年度、三年後、五年後の数字計画
「ストラテジィ(戦略)」・目標を達成するための、戦略・戦術

これみんな外来ものなんですね。
もともとは軍隊などの、用語だったという話も多く聞きます。
日本では、高度成長期のころにこうした経営計画の手法というのが
多く取り入れられるようになって、今日の形式になりました。

その他の記事

経営計画をタダでやれば、顧問先は逃げない!?いいえ、なぜなら...

2010年07月21日

ほとんどの先生方が
経営計画コンサルティングは必要だとお考えなのは
間違いないかと思います。

実際に提供している方もたくさんいて、
中には高額な経営計画ソフトを
購入されている方もいます。

しかし、別料金を設定して、
きちんと対価を受け取っている方となると、
その数は、がくんと減ってきます。

なぜでしょうか...?

本郷尚先生との対談、月刊パワーボイスでお聴きください

2010年07月21日

皆さん、こんにちは。広瀬元義です。
今回は、本郷尚先生のお話をします。

本郷先生をご存知ない方はいないと思いますが、
資産税ビジネスを最初に手掛けた方です。

私が会社を設立した昭和63年は、
バブル期で不動産が軒並み値上がりしていた時でした。
本屋さんに行けば、本郷尚先生の本が
何種類も平積みされていて、
あふれんばかりの笑顔が表紙に載っていました。

辻・本郷税理士法人さんの方の本郷孔洋先生が
「俺が事務所をつくった時は、
もう本郷尚先生は有名だったから...」
とおっしゃっていましたが、
そこからも本郷尚先生のすごさがわかると思います。

本郷尚先生は、日本で最初に業務特化を始められ、
今でもそれを貫き通して、資産税を極めています。

その本郷先生に、先週当社のセミナーに
講師としてお越しいただきましたが、
こんな面白いことをおっしゃいました。

BOOKS著書