最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

"見えない"会計事務所サービスを可視化する:コトラーの7P

2010年08月18日

会計事務所サービスを売るというのは、
例えば洗剤や洋服などを売るのとは違います。

皆さんのようなプロフェッショナルが売る
専門サービスというのは、
見ることも触れることもできない、"見えない商品"。

生産と消費が同時に行われるので、
買う前に試したり、後々返品したり、
ということが不可能です。

ですから、マーケティングのやり方も違います。
それにはいくつか非常に有効な手法やポイントがありますが、
その中から、今回は
コトラーが提唱した7Pというのをご紹介します。

ホンダとハーレーと「失敗の3C」

2010年08月18日

こんにちは、広瀬元義です。
今日は、「ハートレーの3C」についてお話しします。

企業競争とは、
古い会社が新しい会社に
取って代わられることを言うのですが、
会計事務所も同じです。

したがって、会計事務所経営においても
新しい会計事務所、つまり若い世代の人たちの
マーケティング手法や、顧客サービスのやり方を
学んでいくことがとても大切なのです。

会計事務所というのは、普通の会社のように
突然倒産するということがないので、
失敗やピンチを見逃してしまいがちになります。
だから逆に、チャンスもつかめなくなる。

わかりやすい例として、今から50年ほど前の
ハーレー・ダビッドソンとホンダの企業競争の話をします。

BOOKS著書