最新記事

2017年02月27日

アックスの広瀬です。「プレミアムフライデーやりました??」

プレミアムフライデー

みなさん、こんにちは。
繁忙期に突入しましたよね。
今日は、「働き方」について、考えてみたいと思います。

で、確認したいのですが、
『プレミアムフライデー』をやった事務所ってあります??
この2月末の繁忙期に...。

やれたら、表彰モノですが、
世の中景気や収入に関係なく、
「張り子のゆとり」になってゆく気がして...
追いついていないのは、私だけなのでしょうか??

確かに、働き方は変えなくてはならないと思います。

その他の記事

才能もコネも資金もない男がベストセラー作家になった理由

2010年09月22日

皆さんの前に、一人の男が現れました。
彼はこう言うんですね。

  「私は、世界的に有名な
   ベストセラー作家になりたいんですけど、
   どうしたらいいですか?

   私には、ストーリーを
   作り出すためのアイディアもなければ、
   ヒットを飛ばせる出版社も、
   広告宣伝をぜいたくにできるほどの
   お金も持っていません」

考えてみてください。
皆さんだったら、
どうやってこの人にアドバイスをしますか?

もう一つわかりました。開業3年半で250件の法人顧問先獲得ノウハウ

2010年09月22日

[PR]税賠訴訟の危険性と現状を最近の判例をもとに徹底検証!
   「最近の税賠訴訟 -判例に学ぶ"事務所防衛策"の具体的事例」

皆さん、こんにちは。広瀬元義です。
今週も税理士法人FISさんのお話をします。

先週の金曜日に、
代表の古尾谷裕昭先生にお会いしました。
元村先生がフォワードなら、
バックとボランチを担っているのが
古尾谷先生だなってことがよくわかりました。

開業3年半で250件の関与先、スタッフが現在20名という
驚異的な成長率は、日本一かもしれません。

古尾谷先生の風貌は、昔ながらの
職人堅気の税理士さんと違っておしゃれないでたち。
ベンチャー系の若手社長をイメージさせられました。

これらの継続的な追及が
今日の結果をもたらしたのだと思います。

これからも税理士法人FISさんが
「もっともっとお客様に支援される会計事務所になる」
ということを確信しました。

他にもさらにすごいことがあります。

BOOKS著書