最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

喜田先生のお話からわかった「顧問先から値下げを要求されない」ための秘訣

2010年11月17日

[PR]DVD年末キャンペーン今年も開催!【第1弾11/17~11/30】
  マーケティング・営業の人気タイトルがパックで40%OFF

皆さん、こんにちは。広瀬元義です。

先週の金曜日は、喜田寛総合研究所の喜田寛先生をお呼びして、
当社のラウンジで幹部社員研修を行いました。

喜田先生は、すごい特技をお持ちの人です。

目の前で3分間のスピーチを聞くだけで、
その人の性格、長所、短所までズバッと見抜き、
「ここを改善したらいいです!!」と指摘してくれます。

「価格競争の対策は企業経営の意思決定に関わる業務を多くすること」

2010年11月10日

[PR]アックスの【6つの顧客拡大ツール】
  今なら資料請求で書籍かCDを無料プレゼント!

「今後の業界展望なんて、
 僕が教えて欲しいくらいですね(笑)」

そう語りながらも、業界再編に対する
ご自身の事務所での取り組みをお話しくださったのは、
株式会社関総研・代表取締役の関博先生。

「今後は、財務会計では差別化は難しく、
 価格競争にならざるを得ない。
 だから、私の事務所で今進めているのは財務会計
 特に意思決定会計です」

顧問料の範囲を超えて、
企業経営の中の意思決定の場に関わる業務を多くする、
ということをしていかないと
付加価値をつけられないと言います。

「私はモノ以外の金と人と情報支援を通して
 トップの参謀役になれればと思っています」

そして、関先生は具体的にいくつかお話しくださいました。

BOOKS著書