最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

2011年より、成功事例を多数公開するセミナーを全国12都市で開催

2010年12月01日

現在お申込みを続々いただいている満員必至のセミナーが
定員になる前に、今回はこちらでご案内させてください!

「選ばれる税理士になるための7つの実践手法」

本セミナーのポイントは、
当社のパートナー会計事務所の220の成功事例から得られた
"生"の実践手法を聴いていただけるところ。
経営者が税理士を選ぶ判断基準を、わかりやすく公開します。

  • "増える事務所"と"減る事務所"の違い
  • 7つの実践手法と成功事例
  • お客様を増やす営業フローの作成

の、3部構成。
セミナー内で事務所計画を立案するところまで行います。

あの人気寿司屋が大繁盛するワケに学べるものとは...

2010年12月01日

[PR]DVD年末キャンペーン大好評開催中!【第2弾12/1~12/14】
  医業・実務特集!人気タイトル最大40%OFF

皆さん、こんにちは。広瀬元義です。

先週行った、経堂にあるお寿司屋さんの話です。
2階と1階にカウンター席、そして個室が2つ。
若い職人さんが10人くらいいる寿司屋です。

向田邦子さんにいただいたという
変わった招き猫をカウンターの端っこに置いていましたが、
芸能人も結構お忍びで来るという大繁盛のお店。

1階では、親父さんが握り、2階では店長の若い職人が握ります。
親父さんは2代目で、まだ若さバリバリの40代です。

このお店で、いつも不思議に思っていたことがあって、
私が予約の電話をすると、必ず親父さんか2階の店長が電話に出るんです。

BOOKS著書