最新記事

2017年10月06日

11月8日(水)の予定は決まりましたか??

アックスの広瀬です。
11月8日(水)にお会いしたくメールしました。

アメリカのCPAの『経営計画の手法』は、ご存知ですか??
「え、経営計画ってアメリカから??」

と思われる方も多いかと思いますが、

「ミッション(役割)」 ・会社の果たすべき役割
「ビジョン(展望)」  ・将来どのような企業になるのか
「ヴァリュー(価値観)」・一緒に集う人たちの共通の考え方
「ゴール(目標)」   ・単年度、三年後、五年後の数字計画
「ストラテジィ(戦略)」・目標を達成するための、戦略・戦術

これみんな外来ものなんですね。
もともとは軍隊などの、用語だったという話も多く聞きます。
日本では、高度成長期のころにこうした経営計画の手法というのが
多く取り入れられるようになって、今日の形式になりました。

その他の記事

2011年を勝ち抜く会計事務所になるために!

2011年01月12日

皆さん、こんにちは。広瀬元義です。

2010年はターニングポイントとなった年でした。
異業種からの大量参入がピークを越えたのが2010年。

今年2011年から3年間は、
会計事務所が反撃に転じる年になる
と私は考えていますし、
そこに注力していきます。
ここ数年で失った顧問先を軒並み取り返すのです。

ところで、ここ10年で勢力を伸ばした
会計事務所のキーワードを、偏見を持たないで見てください。

アクシデントが起きたときの対応で成約の可否が分かれる~税理士紹介の現場から~

2011年01月05日

今回は、ご紹介したお客様に
アクシデントが起きたときの対応で、
成約の可否が分かれた事例をお話しします。

ある建設業の社長さんが
法人設立と顧問契約を頼むため、当社に問い合わせてきました。

その社長には、本人の強い要望もあって、
3人の税理士を紹介し、各先生と面談を実施。

社長はそのうち2人の税理士(A、B)を気に入り、
2回目の面談のアポイントをそれぞれ入れました。

その直後、社長から電話が入りました。

BOOKS著書