最新記事

2017年03月01日

「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

2011年を勝ち抜く会計事務所になるために!

2011年01月12日

皆さん、こんにちは。広瀬元義です。

2010年はターニングポイントとなった年でした。
異業種からの大量参入がピークを越えたのが2010年。

今年2011年から3年間は、
会計事務所が反撃に転じる年になる
と私は考えていますし、
そこに注力していきます。
ここ数年で失った顧問先を軒並み取り返すのです。

ところで、ここ10年で勢力を伸ばした
会計事務所のキーワードを、偏見を持たないで見てください。

アクシデントが起きたときの対応で成約の可否が分かれる~税理士紹介の現場から~

2011年01月05日

今回は、ご紹介したお客様に
アクシデントが起きたときの対応で、
成約の可否が分かれた事例をお話しします。

ある建設業の社長さんが
法人設立と顧問契約を頼むため、当社に問い合わせてきました。

その社長には、本人の強い要望もあって、
3人の税理士を紹介し、各先生と面談を実施。

社長はそのうち2人の税理士(A、B)を気に入り、
2回目の面談のアポイントをそれぞれ入れました。

その直後、社長から電話が入りました。

BOOKS著書