最新記事

2017年10月06日

11月8日(水)の予定は決まりましたか??

アックスの広瀬です。
11月8日(水)にお会いしたくメールしました。

アメリカのCPAの『経営計画の手法』は、ご存知ですか??
「え、経営計画ってアメリカから??」

と思われる方も多いかと思いますが、

「ミッション(役割)」 ・会社の果たすべき役割
「ビジョン(展望)」  ・将来どのような企業になるのか
「ヴァリュー(価値観)」・一緒に集う人たちの共通の考え方
「ゴール(目標)」   ・単年度、三年後、五年後の数字計画
「ストラテジィ(戦略)」・目標を達成するための、戦略・戦術

これみんな外来ものなんですね。
もともとは軍隊などの、用語だったという話も多く聞きます。
日本では、高度成長期のころにこうした経営計画の手法というのが
多く取り入れられるようになって、今日の形式になりました。

その他の記事

会計事務所M&Aで大切なこと

2011年02月02日

皆さん、こんにちは。広瀬元義です。
先日、会計事務所を売りたいという方を、
買取希望の会計事務所にお連れしました。

100名以上職員のいる事務所というのがご希望でした。
その方の事務所の職員数は15名。
年齢は、70代半ば。
所長先生ご本人のお子さんはいらっしゃいません。

やはり、一番の心配事は合併後のこと。

1.譲渡金はどのようにもらうのか
2.自分は残りたい
3.職員も引き取ってもらいたい
4.合併後にお客さんが増えたらどうするのか
5.奥さんはどうなるのか
6.事務所を建てたばかりなので、家賃がもらいたい
7.相続や保険だけ別の収入にしたい
8.職員の退職金はどうするのか

...などなど。

で、最近の傾向は、

「決算カウンセリングは営業ツールとしても有効」年5件の紹介案件を獲得できた訳とは?

2011年01月26日

当社の「決算カウンセリング」を活用して
昨年1年で5件の紹介を獲得された及川健太先生を
『税理士業界ニュース』編集部が取材しました。
今回はそのインタビューをご紹介します。

奈良県生駒市にある及川総合会計事務所はまだ開業間もないのですが、
いいと思ったものはすぐに取り入れる所長・及川先生の行動力で、
素晴らしい成長を遂げています。

及川先生は「お客様が私の代わりに営業してくれている」と言います。
それは一体どういった訳なんでしょう?

BOOKS著書