その他の記事

相続・贈与に強い税理士としてブランディングしませんか?

2011年07月06日

相続税増税時代を受け、会計事務所にとっては、
資産税ビジネスを扱うビッグチャンスが到来しました。

「相続税増税は、会計事務所にとってビジネスチャンスです。
 相続税は高額納税者、富裕層だけの分野ではなくなってきています。
 いわば大衆課税化されたといってもいいでしょう。

 そして、一般の税理士が相手にしているのは、
 経営者や資産家といった層です。
 この層は特に相続税を意識せざるを得ません。
 また、これらの層から見ても、一番身近な専門家は税理士
 だから、ビジネスチャンスになるのです」

と語るのはアックス資産税パートナーズ(R)理事の田中誠税理士。

顧問料をただ安くするだけではだめなんです!

2011年07月06日

皆さん、こんにちは。
今日は、「クラウドコンピューティングで会計事務所に大変革を!!」
というテーマで「クラウド会計システムセミナー」を開催しました。

当社では年間250回以上セミナーを開催しておりまして、
やはり、「新規拡大」「営業」「マーケティング」といった
テーマには、ものすごい数の税理士先生がお集まりになるんですが、
今回のような「生産性向上」といった内容ですと、
人数がいつもより少し控えめになります。

生産性を上げるというのは、
仕入原価を下げて、限界利益を増やすということです。

これはもともと税理士先生の専門なんですが、
最近、お客様を増やすことに目がいって、
少し忘れられがちになっているような感があります。

古い考え方の会計事務所では、
顧問料を"積み上げ式"で考えます。

BOOKS著書