最新記事

2017年10月06日

11月8日(水)の予定は決まりましたか??

アックスの広瀬です。
11月8日(水)にお会いしたくメールしました。

アメリカのCPAの『経営計画の手法』は、ご存知ですか??
「え、経営計画ってアメリカから??」

と思われる方も多いかと思いますが、

「ミッション(役割)」 ・会社の果たすべき役割
「ビジョン(展望)」  ・将来どのような企業になるのか
「ヴァリュー(価値観)」・一緒に集う人たちの共通の考え方
「ゴール(目標)」   ・単年度、三年後、五年後の数字計画
「ストラテジィ(戦略)」・目標を達成するための、戦略・戦術

これみんな外来ものなんですね。
もともとは軍隊などの、用語だったという話も多く聞きます。
日本では、高度成長期のころにこうした経営計画の手法というのが
多く取り入れられるようになって、今日の形式になりました。

その他の記事

【次世代の会計事務所の成功法則セミナー】ダイジェスト動画無料配信中!

2015年08月26日

私がアメリカで取材して集めた米国クラウド事情や、
これからの会計事務所のビジネスモデルなどを解説しています。

【次世代の会計事務所の成功法則セミナー(WEB版)】を見る(約35分) 次世代の会計事務所の成功法則セミナー動画WEB版

ただいま、期間限定で動画を無料配信中です。
第一回:無料配信期間 2015/9/5(土)まで
画像をクリックすると、動画が見られるフォームが開きます。

【主な内容】
・これまでの会計事務所のIT化とビジネスの成功
・アメリカの会計業界と日本の会計業界の比較
・今後どうしたら会計事務所ビジネスは成功するのか
・会計ソフトにお金を払う時代は終わった

ぜひご覧になってみてください。

顧問料は、時間に比例するのか?

2015年08月26日

みなさん、こんにちは。
今日は、タイムチャージということについて考えてみたいと思います。

売上=単価×時間

単価は、その人の職責(スタッフ、マネージャー、パートナー)によって決まります。
それに請求する時間をかけて、顧問報酬額が決まるのが、
アメリカでのタイムチャージです。

「私の1時間あたりの請求単価は、250ドルです」
と、自慢げに言うのを何人からも聞きました。

請求単価=その人の価値

ということですから、請求額が高ければ自慢げに言うのもわかります。

BOOKS著書