その他の記事

「まったく新しいお客様との接点をつくる」 成功率が非常に高いツールとは?

2011年11月16日

先月弊社で実施した税理士実態アンケートで、
あることがわかりました。

それは、新規獲得を「増やした事務所」は
「減らした事務所」と比較して、
獲得経路に占める「紹介」の割合が低い、ということ。

》》結果レポートは『税理士業界ニュース』試読版でご覧いただけます

つまり、「増やしている事務所」は、
その分、新規のお客様に直接アプローチするための
さまざまな手法に取り組んでいる
んですね。

セミナー開催、SEO・リスティング広告、SNS、メールマガジン、
DM・チラシ、電話営業、広告宣伝、営業代行会社、紹介会社...。

実に多くの手法があります。
皆さんは、どんな取り組みをされていますか?

どれも一定以上の時間、労力、予算を必要とします。
ですから、「最大限のリターンを得たい」、そう思いますよね。

これらの手法と合せると、
さらに効果が上がる、あるツール
があります。

これは「まったく新しいお客様との接点をつくる」のに
成功率が非常に高いツールです。

非常識を続けていると、お客様を失ってしまう!!

2011年11月16日

【人気セミナー】参加者限定・豪華事例集プレゼント!
【企画ご案内】共同出版企画第22弾 テーマは「会社設立」!

皆さん、こんにちは。
今日は、「これまでの常識、これからの非常識」という話をします。

スクラップアンドビルドって言葉、
よく見ると、「ぶっ壊して、作ろう」って話ですよね。

次の何かを作って、その後に古いものを壊しちゃえ、
なんて手ぬるい話じゃないんですね。
最初にぶっ壊して、その後に作る。

でも、経営の場になるとこれがなかなかできない。

やはり、安全に、次のを作って、
うまく行ったら、次を建てようって考えてしまいますが、
変化の激しいときには、それじゃ遅いんですね、きっと。

一番いけないのは、新しいものをどんどん導入するけど、
古いものは捨てない。
仕掛かりの山が、会社の中や事務所の中にいっぱい...
なんて状況になってはいけません。

この「捨てる」判断や「止める」判断は、なかなか中間管理職には難しく、
きっと、トップの判断になるんだと思います。

そこで今日は、これまでの常識、
これからの非常識について考えてみます。

BOOKS著書