最新記事

2017年03月01日

アックスの広瀬です。「日本人の歯をダメにした」の話を書きます。

歯の話

みなさん、こんにちは。
歯は、全部残っていますか??

のっけから、ぶしつけな質問で、
ごめんなさい。

月曜日から人間ドックで一泊しました。

なんか本を持って行きたいと、手に取ったのが、
「日本人の歯をダメにした」という本。

読もうと思って、買いましたが、
半年間積んでただけ(-_-;)

この本を買ったきっかけは、
以前、海外で研修を受けたときに、
諸外国では、水道水の除菌のために、
フッ素を入れるとあって、日本ではカルキ。

フッ素だと、虫歯にならないのでは...
と思うのは素人考えなのでしょうか??

その他の記事

【次世代の会計事務所の成功法則セミナー】ダイジェスト動画無料配信中!

2015年08月26日

私がアメリカで取材して集めた米国クラウド事情や、
これからの会計事務所のビジネスモデルなどを解説しています。

【次世代の会計事務所の成功法則セミナー(WEB版)】を見る(約35分) 次世代の会計事務所の成功法則セミナー動画WEB版

ただいま、期間限定で動画を無料配信中です。
第一回:無料配信期間 2015/9/5(土)まで
画像をクリックすると、動画が見られるフォームが開きます。

【主な内容】
・これまでの会計事務所のIT化とビジネスの成功
・アメリカの会計業界と日本の会計業界の比較
・今後どうしたら会計事務所ビジネスは成功するのか
・会計ソフトにお金を払う時代は終わった

ぜひご覧になってみてください。

顧問料は、時間に比例するのか?

2015年08月26日

みなさん、こんにちは。
今日は、タイムチャージということについて考えてみたいと思います。

売上=単価×時間

単価は、その人の職責(スタッフ、マネージャー、パートナー)によって決まります。
それに請求する時間をかけて、顧問報酬額が決まるのが、
アメリカでのタイムチャージです。

「私の1時間あたりの請求単価は、250ドルです」
と、自慢げに言うのを何人からも聞きました。

請求単価=その人の価値

ということですから、請求額が高ければ自慢げに言うのもわかります。

BOOKS著書