先生の事務所。全国で何番目かご存知ですか??

2018年02月06日

こんにちは、アックスの広瀬です。
私は、ずっと疑問を持っていることがありました。
もし私が、会計事務所の所長だったらなんとなく考えてしまうような素朴な疑問です。


疑問その1 自分の事務所は、全国で何番目だろう??
疑問その2 職員30人の事務所って、全国で何事務所??
疑問その3 職員100人以上の事務所って全国で何事務所??
疑問その4 どうやって頑張れば、もっと事務所が大きくなるのだろう??

こうしたことがわかれば、自分がどんな風に頑張ればいいのか、
見えてくると思ったのです。
そうしたことを、総力を結集して調べて、『本』にしました。
それが士業業界全書2018(データベース)です。

業界トップ500をまとめました。以下に、その一部を抜粋します。

1位 日本経営グループ 大阪府豊中市 1,920人
2位 税理士法人山田&パートナーズ(山田グループ) 東京都千代田区 1,623人
3位 辻・本郷税理士法人 東京都新宿区 1,102人
4位 デロイトトーマツ税理士法人 東京都千代田区 856人
5位 KPMG税理士法人 東京都港区 700人

17位 アップパートナーズグループ 福岡県福岡市博多区 265人
18位 税理士法人ゆびすい 大阪府堺市堺区 248人

51位 税理士法人綜合経営サービスグループ 東京都北区 120人

68位 近田会計事務所 青森県八戸市 90人

153位 株式会社江口経営センター 新潟県長岡市 50人

251位 税理士法人中山会計 石川県金沢市 35人

273位 G.Sブレインズ税理士法人 東京都品川区 33人

350位 税理士法人斎藤会計事務所 東京都杉並区 28人

464位 J-MACS税理士法人 愛知県名古屋市天白区 20人

(2018年2月6日時点)

公開されている情報やアンケートで調べました。
とっても手間がかかりました。正確には現状で524事務所掲載しています。
アンケートにも答えていただきましたので、どうやれば事務所経営がうまくいくのかも見えてきます。

あ、そうそう。
月刊プロパートナーという雑誌、ご存知ですか??

士業事務所に特化した、実務情報雑誌です。
これまで、『民事信託』『経営計画』『製販分離』などの実務特集を発刊。
次号は、『生産性革命』です。

残業ゼロって、本当にできるんですかね??
そんな疑問に答える、実務特集雑誌です。

で、このプロパートナーは、年間38,880円(税込)です。
初めての実務業界紙にしては、本当に安い価格だと思います。

最初に紹介した、『士業業界全書2018(データベース)』は、
この『月刊プロパートナー』を申し込めば、無料でもらえます。本当です(^^♪

もちろん単体で申し込んでもいいけど、せっかく無料でもらえるのに、
今、プロパートナを申し込んだ方が、お得かも。
っというお話です。

で、『士業業界全書2018(データベース)』は、注文限定生産です。
要するに、プロパートナーの読者の人と、単体で申し込んだ人にのみお渡しします。

ご自分の事務所を成長させるなら、必読の一冊です。

この情報を読まずして、事務所の未来は語れない。
土日も『士業業界全書2018(データベース)』の編集作業している、編集部のみんなから、
ブラックと言われても、「がんばろー」と声がけしているひろせでした。



【限定2,000部】の予約販売!会計事務所TOP500をランキング
▼業界の全てがこの一冊でわかる!『士業業界全書(データベース)2018』▼

BOOKS著書