社長さんからの問い合わせ5,000件のうちウェブ経由は何%?

2011年12月07日

【早割10,000円引き】2012新春感謝祭 顧客拡大実践交流会

皆さん、こんにちは。
今日は「HPはいくつ持っていますか?」
ということについてお話をします。

多くの会計事務所が、
お客様を減らしている中で、
お客様を増やしている事務所もあります。

なぜ、多くの会計事務所がお客様を減らしているかと言うと、
インターネットによって、一極集中が起きているに他ならないからです。

当社では、約4年で社長さんから5000件の引き合いを取りました。
80%以上が、インターネットからの問い合わせです。

このことからわかるように、
インターネットによる顧客獲得は絶対の手法です。

そして会計事務所は、他のサービス業と同じように
マーケティングや営業をしなければ、
もう生き残れない時代になったということなのです。

セミナーで、
「HPを持っていますか?」
と聞くと、ほぼ95%位の人が「はい!!」と手を挙げます。

次に、
「3つ以上持っている人?」って聞くと、
10%くらいに減ってしまいます。

次に、 「HPを10以上持っている人?」って聞くと、
ほとんどの人が手をおろしてしまいます。

多くてもせいぜい5~6個のHPを持っているくらいで、
それでも、まれにしかいません。

なんでそんなにHPがいるのか、不思議になるかと思いますが、
弊社でこの4年弱で獲得した約5,000件の問い合わせの下支えをしたのが、
HPなのです。
正確に言えばランディングページです。

当社では現在、8000以上のHPやランディングページを持ち、
年間数億円のWeb費用を使って、
お客様の獲得を行っています。

で、どんなランディングページを用意しなければならないかと言うと、

・エリア
・カテゴリー
・ニッチ

この3つに当社では分類しています。


HPを会計事務所の総合サイトだとすると、

ランディングページは目的別情報ページだと考えてください。



言葉で説明するのが大変なので、実物を個々に乗せます。


・エリアサイトは、地域密着型



・カテゴリーサイトは、業種別
 つまり、美容院、医業...etc.です。





・ニッチサイトは、サービスメニュー別
 つまり、新設法人、給与計算...etc.です。


いかがでしたか?

ところで、Q-TAXの加盟説明会で、
足利の江原先生がとても興味深い話をしていました。

ここにそのサンプルビデオを載せますので、
ぜひご覧ください。

セミナー「"顧問料9,870円"で勝ち抜く
会計事務所の勝利の方程式!!」
が好評です。

東京、大阪、名古屋でのみの開催となっているので、
なかなか出られない人のために、
DVDとCDを安価でご用意しました。

◆DVD・CD「"顧問料9,870円"で勝ち抜く会計事務所の勝利の方程式!!」

ぜひ、聴いてみてください。



ひろせでした。



BOOKS著書